学びのサポーターとつくる夏休み体験① お金のお話と陶芸貯金箱づくり

梅雨が明けたと思った途端、真夏日が続いていますね。

お隣のスポーツランドの屋外プールのプール開きの日は

雨が降っていて閑散としていましたが

今は毎日早くから夕方まで子どもたちの賑やかな声が聞こえます。

こんにちは!富奥公民館です。

 

夏休み恒例の「学びのサポーターとつくる夏休み体験」

1つ目の『お金のお話と陶芸貯金箱づくり』を7/23(火)に行いました。

これはお金について話を聞き、貯金箱づくりを通じてお金を計画的に貯め

使う大切さを学ぶことを目的とするものです。

先ずは金融広報アドバイザーの方からカレーづくりゲームをしながら

お金の使い方について教えていただきました。

 

 

 

 

 

 

カレーの材料に何を入れるのか何を買ったらいいのか

みんなの意見を聞いて完成させていきます。

30分ほどお金について学んだ後はオリジナルの貯金箱づくりです。

陶芸家のお二人に優しく指導していただいて先ずは胴体を丸く形付けます。

 

 

 

 

 

 

 

筒の上にふたをしたらお金を入れる口を竹串を使って作ります。

一般的な貯金箱のように筒の上の方に口を作る子が殆どですが

中には個性的に筒を横にして真ん中にする子もいました(>_<)

大人には浮かばない発想ですね!

 

 

 

 

 

 

 

自分の名前を彫ったら余った材料で飾りつけです。

ハートや水玉を付けたり、顔を付けたり十人十色

個性が見えて大人は感心するばかり(^○^)

 

 

 

 

 

 

 

 

皆が一生懸命作った手づくり貯金箱は陶芸家さんが窯で焼いて

お盆過ぎに公民館に届けてくださいます。

出来上がりが楽しみですね~

広告

福井・越前手仕事の町で3つの体験 

小さくて可愛い雨ガエルを見かけると子どもの頃に

おたまじゃくしを育てていた事を思い出します♪

こんにちは!富奥公民館です。

 

梅雨入りした次の日の6月8日(土)視察研修旅行に行ってきました!!

心配していたお天気は集合時間の7時半には肌寒さを感じる小雨模様でしたが

朝早くから来た順番にキチンと並んで待っていた皆さんは元気いっぱい(^_^)

総勢43名 福井に向けて出発です。

まずは福井市春江町の「ゆりの里 ユリーム春江」に到着。

6月はゆりフェスタが開催されています。

3万本の咲き誇る満開のゆりを楽しみにバスを降りたら「あれれ・・・」

見ごろは次週とのこと。

でも見たことのない珍しいゆりはとても綺麗でした✨   

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次は越前和紙の里です。

こちらではパピルス館で紙すきに挑戦!

オリジナルの葉書を2枚作ります。

説明を聞く皆さん、お顔が真剣です。

 

 

 

 

 

 

 

「桁」と呼ばれる道具に原料を汲み均一になるようにすきます。

作業台は7台しかないのですが皆さん自然に順序良く並んでいます。

その上に押し花やちぎった和紙などをのせ染料で色付けしたり

金粉もトッピングし、もう一度原料をかけます。

各々好きなものを選んでのせていきます。

皆さんウキウキワクワクの笑顔(*^▽^*)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ご夫婦で仲良く楽しそうに仕上げに金粉をトッピング✨

最後に余分な水分をしぼりとります。

10分ほど乾燥させたら出来上がり。

世界で1つだけのオリジナルはがきの完成です!

乾燥させるのを待っている間に「卯立の工芸館」へ

こちらでは伝統工芸士による紙すきの技を見ることができます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

古民家の館内には和紙と草花のコラボが至る処に飾ってあり

皆さん時間を忘れるほど見入っておられました。

そして出来立てほやほやのオリジナルはがきを受け取って

全国で唯一紙の神様を祀ってある「岡太(おかもと)・大瀧神社」へ。

ブナの大木に囲まれてマイナスイオンを感じられる空間です。

「みんな違ってみんな良い」マイはがきを手にハイ、チーズ!

お腹も空いてきたので「越前そばの里」へ。

こちらでは2つ目の体験、蕎麦打ちです。

2人ペアになって蕎麦打ちをしますが、お腹が空いている皆さんは

ビニールのアプロン姿でやる気満々です。

そば粉を練って丸めて大きく伸ばし均一に切ります。

これが中々の力仕事ですが美味しいお蕎麦を食べるために頑張ってます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ようやく完成。

皆さんお味は如何ですか?

美味しいに決まってますよね~

 

 

 

 

 

 

 

 

お腹も満たされたところで3つ目の体験

「北前船のカワモト」で小魚とカットわかめの詰め放題にチャレンジ!

お父さんもお母さんも頑張ってま~す。

最後は「丸岡城」と「一筆啓上 日本一短い手紙の館」

ロープをつたって狭くて急な階段を登って天守閣へ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

心配していた雨も思いのほか降らず、参加してくださった皆さんは

「楽しかったぁ~」と笑顔で帰路につかれました。

オリジナルはがきは素敵な

手すきの和紙に入れていただきました。

さてこれは誰の作品でしょうか・・・

 

 

 

 

 

もしもの時に備えて「普通救命講習会」

 

 

こんにちは 富奥公民館です!

この前お正月だったと思ったらもう2月!!

昨年に比べて雪が少なくてあんまり冬らしくないなと思っていましたが

ここ数日は一晩で雪景色に変わるという現実が・・・

そんな1月にしては気温も高めの19日土曜日午前9時から

富奥公民館の第1集会室で「普通救命講習会」を行いました。

通常公民館を利用されているサークルの会員さんや地域の方など27名の参加がありました。

長谷川館長から「もしもの時に備えて今日の講習で救命処置を身につけてください」という挨拶の後、野々市消防署職員の方による講習がスタートしました。

「もしも誰かが突然倒れるところや倒れているところを発見したら」

1. 周囲の安全を確認

2. 傷病者に「大丈夫ですか?」などと呼びかけやさしく肩をたたき反応を確認

3. 119番通報と協力者への依頼

4. 呼吸の確認

5. 胸部圧迫

早速『胸部圧迫』を実践してみました。

職員の方の手を置く位置や姿勢、皆さん真剣な面持ちで見ています!

1分間に100回程度同じリズムで救急車が到着するまで続けることが大切だそうです。

リズムがとりにくい場合は「もしもしかめよ、かめさんよ」の童謡『うさぎとかめ』のリズムが良いそうですよ。

人形を相手に実際にやってみました。

 

 

 

 

 

 

 

職員の方のアドバイスを聞きつつ、皆さん代わる代わる周りの方の意見も聞きながら胸部圧迫に取り組んでいます。

 

 

 

 

次は人口呼吸です。

「綺麗な人なら喜んでするけどなぁ」というお決まりのセリフに

「向こうが断るよ」という返しが出る場面も・・・

最後は「そんな事言える余裕があればいいけどねぇ」のつぶやきで真剣モードに戻って実践です。

 

上手く出来れば人形の胸が動きます。

グループの方から「まだ動いてないよ~」と教えられ首の角度を変えたり鼻のつまみ方を変えてみたり、皆さん一生懸命です!

 

 

 

次はAEDの使用法について教えていただきグループで話し合いながらやってみます。

女性だけのグループも皆でAEDと人形を囲んで、AEDの音声に従って正確に装着しようと頑張ってます!

AEDを装着して電気ショックを行なった後も胸部圧迫を続けます。

AEDを使用する場合でも、AEDによる心電図の解析や電気ショックなどやむを得ない場合を除いて胸部圧迫の中断をできるだけ短くすることが大切だそうです。

 

講習が終わって修了証に氏名を書き込みます。

朝早くから3時間近い講習お疲れ様でした。

このような講習は3年に1度は受けた方がよいとの事。

富奥公民館では3年に1度は講習会を開催することをお約束しました。

 

 

 

次回は2/23(土)10:00~

男性の料理教室「男子厨房」を開催します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後になりましたが今年もどうぞよろしくお願いいたします

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

“トリプルソフトバレーボール大会”

こんにちは!野々市公民館の林です。

11月18日(日)市民体育館で本町・富奥・押野地区の3公民館対抗トリプルソフトバレーボール大会が行なわれ爽やかに汗を流しました。

トリプルソフトバレーボールは男女混合4人制で丸いコートの中で3チームが競技します。

今年は19チームがエントリーしました。

   

 

決戦の結果、決勝戦は押越チーム・本町5丁目Aチーム・太平寺チームの対戦となり、ちょうど3公民館代表の試合になり、交流も深まりました。

 

 ☆試合結果!

優勝は勝ち点 45点 総得点46点で 押越チームの皆さんでした。 

おめでとうございます!

優勝チームの皆さんにはとってもとっても重たそうな賞品が(中がお楽しみ)送られました。

    2位は本町5丁目Aチーム・3位は太平寺チームの皆さんでした。

     ☆館長賞(ひゃくまん穀)のプレゼント!

好プレーされた3名の方に各公民館長から送られました。

来年は、ぜひ、みなさんの町会も参加してみませんか?

参加して頂いたみなさんお疲れ様でした。また、当日お世話して頂いたスポーツ推進員の

皆さんありがとうございました。

 

 

本町地区 手芸講座  クラフトバンドでバックを作りました。

こんにちは!野々市公民館です。(学びの杜ののいちカレード内)

6月11日と18日の二日間でこんな素敵な、夏のおでかけバックを作りました!

クラフトバンドって、ご存知ですか?

牛乳パックや古紙を再生した手芸用の紙バンドのことで、これをこのような過程で編んでいきます。

今日は、横安江町にあります「紙バンド屋 りんちゃん」の吉村先生と2名のお手伝いの先生に

編み方を丁寧に教えて頂きました。参加された皆さんは黙々とバック作りを楽しんでいらっしゃいました。

DSC_0012

DSC_0021

思ったより早く、形になり、それなりに一生懸命DSC_0024

     “作った~!” 感があって皆さん大満足でした。

さあ、このバックを持ってどこに行こうかな?

参加された皆さんお疲れ様でした。

 

視察研修旅行で新緑の飛騨古川に行って来ました

こんにちは!野々市公民館です。

5月16日(水)本町地区の視察研修旅行で飛騨古川に行って来ました。

とっても いいお天気でした。

古川のこじんまりとした趣のある街並みは散策にピッタリです。ガイドさんに案内して頂きました。

白壁の蔵を背景に1000匹あまりの色とりどりの鯉が泳いでいるとっても綺麗な街並みでした。

4月19日の飛騨古川まつりは「越し太鼓」という とても勇壮なお祭りがあるそうです。

    

 

       

  【安国寺】飛騨唯一の国宝建造物 安国寺経蔵

1408年に建てられたこの経蔵の中には、経本を納めた 

八角形の輪蔵は、回転式のものとしては日本最古のものです。

本元というお坊さんが中国にわたって経本を買い求め5397巻が

納められていたそうです。仏を念じながら八角輪蔵を回転させると

一切経を全部読んだご利益があると言われているそうです。

私も、八角輪蔵の回転のお手伝いが出来て 感動しました。

午後からは、高山によってお土産を買って帰りました。

 

 

 

「春の寄せ植え教室」「おついたちまいり」のお知らせ.

こんにちは!野々市公民館です

色とりどりのお花を飾って、春を楽しみませんか?

電話でのお申しこみも大丈夫です。

5月1日に福祉バスに乗って、新緑の白山さんに行きます。

皆さんご一緒にいかがですか?

5月16日(月)10時より、野々市公民館事務所(学びの杜ののいちカレード内)で受け付けします。

 

お申しこみお待ちしています。

 

 

 

野々市特産ヤーコンが勢ぞろい❕❕ヤーコン料理教室を開催しました。

春日和真っ只中ですね。

こんにちは。押野公民館です。

 

3月24日(土)ヤーコン料理教室を行いました。

知名度も上がり、多方面で教室、講座などが開催されていますね。

今回、開催のきっかけを作ってくださった方が、押野天寿会の鶴見会長。いつもいろんな意味でご指導ご協力をしていただいている中のおひとりです。ご自身もご興味をもってヤーコンを畑で育てておられ、食材提供をしていただきました。

ありがとうございます。

講師は、学校給食の栄養士として長年勤務されていた宮下幸子さん、押越町在住で現在は薬膳の勉強をしている食に詳しい中野美恵子さんです。

 

今日のメニュー「春のお祝い膳」

🌸ヤーコンちらし寿司

🌸生春巻き

🌸ヤーコンパイ(おいしくいただいたため画像はありません⤵ スミマセン)

お味噌汁

春らしく、彩鮮やかに。

まずは、先生のお手本から

イケメン2名参加

 

 

幅広く関心のある食材だとあらためて、関心しました。

~本日の感想~

◎身近な食材を取り入れている、手軽にできそうなので自宅でもぜひやってみたい。

◎ヤーコンそのものをあまりよく知らなかったが、こんなにおいしいとは思わなかった。

試食、歓談に花が咲き、参加者のみなさんと楽しい時間を過ごしました。

来年度の意欲につながる教室になり、館長と大変有意義な機会になったと嬉しい反省会をしました。

平成30年度もよろしくお願いいたします。

『 認知症になっても安心して暮らせる街づくり 』

3月3日(土)本町地区地域学習会で市の包括支援センターの方に講師をしていただき

「認知症サポーター養成講座」を開催しました。

認知症って40歳を境に、認知になるか決まっているそうです。              それをいかに遅らせるか!そのためには、20分以上歩いたり、良い睡眠、また、高血圧・ 糖尿病にならないように注意すべきだそうです。今日から頑張りましょう!

第2部では、本町地区包括支援センターの皆さんに、寸劇通して、認知症の方にどのように対応したらいいか教えて頂きました。皆さんとても演技派で、笑いがたえませんでした。!(^^)!

DSC_0012

第3部では、いよいよ認知症予防へ向けた体操をしました。

DSC_0014

これで、皆さんも認知症サポーター!

まず、認知症について正しく理解し、偏見を持たず、に認知症の人や家族に対して温かい目で見守ることがスタートです。