第19回寿大学校講座 テーマ「知っておきたい終活のコツ」を実施しました

こんにちは 中央公民館です。

1月25日(金)、60歳以上の市民を対象とした生涯学習講座

「野々市寿大学校」講座を実施しました。

今回は「石川県金融広報委員会」の出張講座を活用し、

「知っておきたい終活のコツ」について学びました。

 

講師 / 金融広報アドバイザー 新喜 章弘 氏

終活・・・。イマドキは、

縁起でもない!なんて言わずに、

「より良い未来を創るための人生の整理整頓」

と捉える風潮があるように感じます。

講師の新喜先生は、株式会社 相続手続支援センター石川の所長をされており、

数多くの実務経験から、昨今の「相続事情」や「もしもの時に備えて」、「これからの自分」についてなど、

私たちが知りたい「終活のこと」を、様々な事例を交え、

とてもわかり易くお話くださいました。

 

また、トラブルの元になりそうな事やエンディングノートの必要性などについてもお聞きし、

私たちは予備知識として、たくさんの「終活のコツ」を得ることが出来ました。

実に、終活を行うというのは・・・

後悔をちょっとでも減らすため!の、頭と心の整理。

そして少しでも充実した人生を送るため!面白く!楽しく!  なのだ。

と理解出来、とても有意義な講座でした。 

さしあたり、もしもに備え自分の遺影は自分のお気に入りの写真を

自分で選んでおくのも今のうちにできる終活の一つとか。

皆さんの関心も高く、熱心にメモを執りながら受講されておりました。

お疲れさまでした

新喜様、ありがとうございました。

 

広告

第18回寿大学校講座「脳トレと冬の軽運動」を実施しました

こんにちは 中央公民館です

1月11日(金)、60歳以上の市民を対象とした生涯学習講座

「野々市寿大学校」講座を実施しました。

この日は新年明け最初の講座だったので、季節柄少し体が鈍ってしまっているのでは?

との思いで「脳トレと軽運動」をテーマとしました。

 

講師は、野々市市レクリエーション協会会長 畠 紀子 氏(粟田在住)

まずは脳やメンタルについての座学。

自分はストレス耐性が高いタイプか?低いタイプなのか?など

簡単な診断もしてみました。

そして後半は「軽運動」。

といっても、チーム(家族)を組み、レクリエーションゲームで楽しく活動☆

まずは45人が大きな輪を作りました。作り方は、11日生まれから12月生まれまで、

ぐる~っと誕生日を確認し合いながら丸くなっていく作業。

聞いていくと同じ日にちがあったり、沢山生まれた月、少ない月、いろいろあって

なかなかおもしろい!

みんな「自分の特別な日」を楽しく確認、披露し合いました。

お次は誕生日の近い4人が家族を作り、対抗戦でじゃんけんゲーム!

お父さん役、長男長女役、二男二女役、末っ子役と、

役割をもらってじゃんけんに繰り出していき、

勝ってお札に見立てた紙をたくさんゲットしようというもの☆

我が家の収入(?)を増やしたいと、みんなかなりリキが入っていました!

最後は新春らしく大きな「いろはがるた」を使ったゲームもしました!

じゃんけんでとってきたカルタ。

でも読み札を言えないと得点にならず、分かったチームに得点を

もって行かれちゃうと言うもの!!

 皆さん真剣に、そして一生懸命記憶と知識を持ち寄って、

読み札を考え、思い出し、答えていました!

この年になっても?みんな童心に返り、本気でグループゲームを

楽しんでかなり盛り上がり、あっという間に予定の時間を過ぎてしまいました。

楽しいことは脳が喜ぶ!!心と体がリフレッシュした時間でした。

皆さんお疲れさまでした☆今年も一年、元気に活動をしましょう☆

畠様ご指導をありがとうございました。

 

 

 

 

第17回寿大学校講座「テーマ/雅楽」を行いました

こんにちは 中央公民館です

12月14日(金)、60歳以上の市民を対象とした生涯学習講座

「野々市寿大学校」講座を実施しました。

 

今回は、普段あまり触れる機会のない「雅楽」をテーマに、会場を文化会館フォルテに移して

野々市近郊で活動されている「萌雅会(ほうがかい)」の皆様をお招きし、

演奏を交えながら、その歴史や演奏形態、雅楽器についてなど、

大変趣のあるお話を伺いました。

 

 

講師/曽山 俊之 氏

演奏/萌雅会

この日は、千数百年の伝統ある雅な文化に触れる貴重な機会ととらえ、

寿大学校生の他、寿大学院生にも鑑賞していただける講座としました。

75名ほどのみなさんが出席され、悠久の時を奏で継がれてきた

進歩も退化もしていない千年前と同じ旋律を楽しみました。

背筋がぴんとするようなそんな空気が漂います。

 

講師のお話はとても流暢で、中国から伝わったその歴史~演奏形態~雅楽器についてなど、

とてもわかりやすくご講義くださいました。

「打ち合わせ」  「頭取」  「黒田節」  「いろはうた」 など、

雅楽が起源となっている言葉や唄が色々あるそう。

 

最後は、「君が代」の演奏(本来はこういった演奏はしないらしいですが。。)に

合わせ、受講生みんなで歌いました。

脳と心が安らぐような、とても「ありがたい」ひと時でした。

講師の先生、萌雅会の皆様 ありがとうございました。

 

第16回寿大学校講座「認知症予防について」学びました

こんにちは 中央公民館です

12月7日(金)、60歳以上の市民を対象とした生涯学習講座

「野々市寿大学校」講座を実施しました。

 

今回は金沢脳神経外科病院の「耳寄りな講演会」を活用させていただき、

「認知症予防について」学びました。

演題/「脳と身体を鍛えて楽しい日々を送ろう」

講師/作業療法士 東川哲朗氏

 

みなさんの好きな事は何ですか?

好きな事を9つ書き出しましょう。

と言う、先生の言葉から始まり、みなさん一生懸命自分を振り返り

好きな事を思い浮かべていました。

「楽しい」「おもしろい」と感じることは脳の血流が良くなり、

脳が活性化されるそう。

 

さて、まずは脳内についてお勉強

  ヒトの脳、イヌ・ネコの脳、ヘビの脳と、脳は三層構造であり、

感情は心より、頭の中で起こっていること。

脳は場所ごとで、「言語」「視覚」「記憶」「意欲」等、

担当する仕事が決められているなど、脳の構造と仕組みを知ることから

教えていただきました。

 

さて、皆さんにとても関心の髙いところである、認知症予防にはどうしたらよいか?

  それは  「貯筋をすること!」

           「前頭葉を鍛えること!」  だそう。

 

講義の合間には、簡単な手遊び系の体操でリフレッシュ☆

また、座って行う「貯筋運動」も教えていただきました。

 

 

 しかしながら、体操が苦手な人も大丈夫!

ガーデニングや掃除機かけ、荷物を上の階へ運ぶなど、日常生活での作業が

十分運動になっていることなどを教えていただきました。

また、あえて前日の日記をつけ、記憶を呼び起こす訓練をすることがとても

脳に良いとのこと☆

最後に、認知症予防には、脳の司令塔である前頭前野を鍛えることが有効であり、

「料理を同時に何品か作ること」

「ながら仕事をすること」

「家計の計画」

「タンスや棚の中の整理整頓」

「囲碁・将棋・マージャン」

「旅行の計画」(実際に行かなくても効果あり)など、

2つ以上のことを一緒に行う時に、同じように注意を向ける能力が

トレーニングになるそう。

皆さん熱心にメモを執りながら受講されました。

さっそく教えていただいたことを日々の中に活かし、

健康寿命を伸ばしたいですね!

好きなことをたくさんしましょう☆

 

 

 

 

第15回寿大学校講座「のっティ食堂出前講座」を実施しました

こんにちは 中央公民館です。

11月30日(金)、60歳以上の市民を対象とした生涯学習講座

「野々市寿大学校」を実施しました。

今回は、野々市市健康推進課にご協力いただいての「食と健康」をテーマとした講座です。

会場は野々市市三納にある保健センターの集団指導室。

本日の出席者は46名、みなさんくじ引きで決めた席に着き、グループで受講しました。

 

講師は、野々市市食生活改善推進協議会の皆様と、保健センターの管理栄養士さんです。

まずは食生活改善推進協議会の会長よりご挨拶。

 

そして推進員の皆さんによる「塩分とりすぎ!」をテーマにした方言まじりのゆる~く親しみやすい

会話形式の寸劇で楽しく受講☆

 

普段の食生活の中で「しょうゆ」の量を減らす工夫など、ためになるお話を色々お聞きしました。

管理栄養士の皆川様からは、「私の血圧が上がる原因は何だろう?」や

「一日に何をどのくらい食べたらいいの?」について、

具体的な表を参考に摂取量を教えて頂きました。

 

昼食には、お弁当形式で提供された、量・塩分・栄養素共とても理想的な食事をいただきました。

食材のうま味を引出し、塩分控えめでも美味しくいただける工夫が沢山盛られたメニューは、

レシピもいただき、ぜひ家でも作ってみたいものばかりです!

 

グループの中に推進員さんも混じり、質問や説明を交えながら昼食。

 

今日は、日頃の食べ過ぎ、塩分濃度高すぎ料理を反省することばかりでしたが。。(;_:)

これを機会に、今までの食生活を見直し改善するきっかけにしたいものです。

 

教えて頂いたことを心がけ、健康で明るい生活をおくりましょう!

ご協力くださいました皆様、ありがとうございました。

 

 

次回は、12月7日(金) 金沢脳神経外科病院の「耳寄りな講演会」です。

テーマは「認知症予防について」

秋の中央公民館事業 一挙に報告!! その3

こんにちは☆中央公民館です

11月9日() 第14回寿大学校講座では、

「秋の金沢 文化文豪施設めぐり」と題し、バスで館外研修に出かけました。

 コース

徳田秋声記念館(金沢市東山)

 ↓

泉鏡花記念館(金沢市下新町)

 ↓

昼食

 ↓

金沢市立中村記念美術館(金沢市本多町)

 ↓

鈴木大拙館(金沢市本多町)

 

徳田秋声記念館で1DAYパスポートを入手!4つの館を510円で周ることが出来ました☆

ここではとにかく学芸員さんの解説が上手で、秋声の半生と作品に触れ、とても興味深く館内を見学しました。

泉鏡花記念館の庭にて集合写真

 

KKRホテルでランチ

天候に恵まれ、白鳥路あたりをお昼休みに散策された方も♪

 

 

中村記念美術館

 

 中村美術記念館では「茶の湯の道具Modern&Classic」の展示期間であり、

学芸員より詳しい説明を受けながら館内を見学しました。

 また、3館以上巡ったので、スタンプラリーで賞品もいただき、ちょっぴりオトクな気分

中村記念美術館にてお抹茶をいただき休憩

 

外国人に人気のスポット 鈴木大拙館

 

帰りがけには少々雨に打たれてしまいましたが、紅葉のきれいな季節、気温は快適、

充実した「秋の金沢文化文豪施設めぐり」となりました。

みなさんお疲れ様でした。

 

  

次回の講座は11月30日()

保健センターにて市健康推進課・食生活改善推進協議会の皆さんに

ご協力いただいての「のっティ食堂出前講座」です。

実際に、体に良い献立をランチでいただけるのも楽しみです☆

 

秋の中央公民館事業 一挙に報告!! その2

こんにちは中央公民館です☆ 

10月は「寿大学院見学月間」でした☆

この見学会は、現在の寿大学校生が来年度入校を考える際の参考になるようにとの思いで実施しているもので、

今年度は「ちぎり絵」、「園芸」、「俳句」、「書」、「囲碁」、「コーラス」、「健康体操ストレッチ・ピラティス」、「水墨画」の

8つのコースがあります。

一部ですが活動の様子をご紹介☆

健康体操ストレッチ・ピラティス

 

園芸コース

 

水墨画コース

 

書コース

 

コーラスコース

講師の指導を受け、いきいきと活動する姿はみんなキラキラしていました♪

目標・生きがい・やりがい・仲間がいること

素晴しいと感じました。

 今年度の受講生50名のうち、延べ21名の大学校生が見学会に足を運び、先輩方の学ぶ姿を見学しました。

 

更に、寿大学院の活動が、広報野々市11月号の「長寿特集」の中にも

掲載され、とても嬉しい限りです♪

さて次は、「秋のイベント!!」といえば、マナビィフェスタ☆

公民館を中心に活動されている文化団体の一年間の活動成果を発表する

学習と文化の祭典として毎年行っているものです。

今年は10月27日()~11月4日()の間、フォルテ・カレード・カメリア・郷土資料館を会場に、

様々な活動が発表されました。

芸能民謡祭 華やかなフラダンスサークル「アロアロ」(女性センター)のステージ発表

 

音楽祭 寿大学院コーラス    今年はシックな衣装をそろえ、頑張っていました☆

音楽祭 フォルテ児童合唱団 小学1年生~中学3年生まで心ひとつにきれいなハーモニーでした♪

マナビィマーケット 女性協議会「椿ずし」販売の行列

ワークショップ 寿大学院ちぎり絵 干支のイノシシのちぎり絵体験が大人気でした☆

ワークショップ 野々市&押野公民館 大盛況!ビーズのクリスマスツリー&リースのストラップ作り

マナビィマーケット 商工会草木染 素敵なストールやお洋服が沢山ありました☆

写真はほんの一部だけですが、サークルや文化協会のみなさんがこの日のために

作品の制作や舞台練習、またPRに力を入れてくださいました。

おかげさまで多くの方々に足をお運びいただき、観て聴いて体験して!と、

とても賑やかなフェスタになりました。

ご来場くださいました皆様ありがとうございました☆

ご協力くださいました団体の皆様、関係者の皆様お疲れ様でした。

来年は新しい公民館が建ち、また違った形でのマナビィフェスタになるかも知れません。

さらに充実した発表をめざし、日々の学習に励み、楽しんでいきたいですね♪

 

秋の中央公民館事業 一挙に報告!! その1

こんにちは☆中央公民館です。

10月12日() 第12回寿大学校講座において、

「高齢者の人権」について学習しました。

 

講師/老人福祉施設サンライフたきの里 施設長 岩尾 貢 氏 

協力/市民協働課・石川県人権啓発活動ネットワーク協議会

 

人権って?難しそう?どういうこと?  と思われがちな「人権」を、

とりわけ「高齢者の人権」にテーマを絞り、老人福祉施設長のお立場から、実体験を交え、

とてもわかりやすくお話いただきました。

人生100年時代、人生の質は? 老後はあるのか? 社会の中で生きていくことや

権利としての生き方、人の世話を受ける覚悟。

そういったお話から始まり、実際に起こっている人権侵害や権利の擁護などについて学びました。  

虐待が人権侵害であることは皆承知しているけるど、「安全と保護」という名の人権侵害もあることなど

沢山の気づきを頂きました。

本人にとってどうなのか?そこを正しく理解することが大切なのだと感じました。

岩尾先生、ありがとうございました。

 

野々市市役所市民協働課より人権映画のPRもありました。

「彼らが本気で編むときは、」は、セクシャルマイノリティの家族を、

子どもの目を通して描いた作品とのこと。

出演/生田斗真  桐谷健太 ほか

 こういったテーマも「人権」なのだとあらためて知りました。

 

12月8日()午前10時~上映(午前9時30分会場) 入場無料

文化会館フォルテ大ホールへ、ぜひみなさんお出掛けください。

 

続いて10月26日()の第13回寿大学校講座では、

「地域の歴史を学ぶ」をテーマに

「旧北国街道」についての講座を開催しました。

 

講師/石川県金沢城調査研究所所長 木越 隆三 氏 

演題/「北国往還について」

本町通りを中心とした歴史ある旧北国街道について、

きちんとその歴史を学びたいな  との思いで講座を実施。

講師は寿大学校では何度かお世話になっている住吉町在住の木越先生に即決定☆

(先生は3年前NHK番組ブラタモリで長町の案内にも登場していました)

 

江戸時代、幕府が定めた五街道(東海道・中山道・日光街道・奥州街道・甲州街道)に次ぐ脇往還の

一つであり、江戸への参勤交代の道としてなど様々な往還があったこの街道。

また加賀藩領の宿駅として野々市は4番目に多くの馬(輸送専用)を持つ宿場であったことなども知りました。

加賀藩の宿駅制度、野々市を通過した秀吉軍などなど先生のお話は大変興味深かったです。

 

身近な通りに重ねられた歴史を想起しつつ、現在の北国街道を歩いてみるのもいいですね。

木越先生、ありがとうございました。とても有意義な講座となりました。

 

 

 

新中央公民館建設現場付近を通りががってみました

来年4月に本町2丁目にオープンする、新中央公民館を含んだ地域中心交流拠点施設の建設が

着々と進んでいるようです。

公募していた愛称も、「にぎわいの里ののいちカミーノ」に先日決定されました。

「カミーノ」Caminoとは、スペイン語で「道」とのこと。

素敵な意味を持つ名前に決まり、ますます期待が膨らみます☆

 

 

 

第10回・11回 寿大学校講座 選択 「歴史講座」を実施しました。

こんにちは、中央公民館です。

9月7日(金)と9月21日(金)、60歳以上の市民を対象とした生涯学習「野々市寿大学校」講座を実施しました。

 

今回は選択講座になっており歴史講座か陶芸教室のどちらか好きなほうを選んで受講できます。

歴史講座では講師として藤島秀隆先生をお招きしました。

演題は『「昔日北華録」を中心として富樫氏伝承の謎を探る』です。1日目は野々市と縁の深い富樫氏についてのお話です。野々市市民としてはぜひ知っておきたいところです。皆さん興味深そうにお話を聞いていました。

2日目は前田家を中心にした内容です。加賀百万石を誇った前田家について勉強しました。

2日間に渡り講座を行いましたが、自分達の住んでいる土地にまつわる歴史のお話は大変面白かったです。

 

 

次回は10月12日(金)市民協働課にご協力いただき、「高齢者の人権」をテーマに実施します。