救急救命講習会の報告

こんにちは。押野公民館です。

9月2日(日)野々市消防署で救命講習会を受講しました。

押野公民館では、9月9日の「救命の日」に合わせて毎年開催しています。

1年に1度ですが、

もしもに備えての救急救命の知識と再確認

 

◎「救命の連鎖」

 私たちができる応急手当 心肺蘇生AED について

IMG_1072

 

 

 

 

実戦さながらに受講されるみなさん

 

 

 

 

 

 

 

今年の夏は、熱中症などたくさんの出動が野々市市ではあったそうです。

特にAEDを使用した事例は「救命のリレー」がうまく引き継がれ、尊い命を取り留め社会復帰されたそうです。

日頃からの備えこそがいざというとき役立つと、再認識した講習会でした。

 

 

 

広告

韓国料理教室を行いました。

空はすっかり秋の空。9月になりましたね。               

夏休みが終わり、いつもの生活が戻ってきましたね。

こんにちは。押野公民館です。

 

 

 

9月1日(土)「ビビンバ作り教室」を行いました。

講師は、昨年度白菜キムチをご指導いただいた 黄 恵淑(ファン ケイスク)氏です。

韓国に行ったかのように、軽妙な話術で楽しい教室となりました。

 

=・= 本日のメニュー =・=

☆ 具だくさん(7種)ビビンバ

              ☆ きゅうりとわかめの冷汁

              ☆ 手作りジンジャーエール

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

主婦のみなさんに混ざってイケメンの参加!!

いいですね。

 

 

 

 今日は、手軽にできるホットプレートで行いました。

☆彩り豊富 見た目も楽しい☆

 

《ごま油のが香りが部屋中に…食欲をそそります。》

 

《美味しい笑顔の瞬間》

 

    盛り付けも美味しさのひとつですよ!

先生からのアドバイスも

 

食材の良さ、手がける技、家族で囲む笑顔、話が弾む

美味しさの魔法にかかったようにステキな時間でした。

 

第9回寿大学校講座「石川県における平家物語」をテーマに文学講座を実施しました。

こんにちは 中央公民館です

8月24日(金)、60歳以上の市民を対象とした生涯学習

「野々市寿大学校」講座を実施しました。

 

講師として、金沢工業大学 基礎教育部において国文学をご専門に

指導されている 石川倫子先生をお招きいたしました。

 

今回先生のご研究の中から「石川県における平家物語」と題し、

歴史文学をご講義いただきました。

何しろ何十年ぶりかに触れる古典文学。

(たぶん多くの方がそう?)

ちゃんと頭に入るのか?興味を持って聞けるのか?

学生時代はただ意味も分からず、なんとなく冒頭部分

「祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり・・・」を

暗記していた平家物語・・・

 

しかし、そんな心配をよそに、石川先生の素敵な朗読や大変わかり易い

説明にうっとり(^^)

とても新鮮な受講生の気分

平家一門の栄枯盛衰が古文で書かれている本文を、系図・時代背景、

作品の魅力とも言うべき登場人物のエピソードなどと織り交ぜながら、

理解しやすく読み解いてくださいました。

また、小松市の多太神社に奉納さてている「実盛の兜」の話など、石川県内で「平家物語」に

ゆかりのある土地のことも絡めながら解説くださったので、

お話がとても身近に感じられました。

 これをきっかけに、もっと深く知ってみたい、読んでみたい、出かけてみたいと

思った方がきっといらしたかと思います。

 少し暑さが落ち着いたら、「読書の秋」「行楽の秋」堪能したいですね。

 

 おかげさまでとても有意義な文学講座となりました。

石川先生、ありがとうございました。

受講生の皆さん、お疲れさまでした。

 

 

次回は9月7日(金)

「歴史」または「陶芸」の2コースに分かれての選択講座です。

 

 

 

 

💗夏休み体験第3弾💗

こんにちは。押野公民館です。

8月21日(火)「世界でひとつの写真立て」を作りました。

今日の先生は、森 義子さんです。

すてきな写真立てつくりの体験です。

 

見本を見ながら、各自が持参した写真やイラストの位置を決めて取り掛かります。

 

 

 

 

 

 

 

 

ステキなアイデアが浮かんで自然と手が動きます。

 

 

CIMG9206

みんなで作品と一緒に集合写真!

 

夏休み体験は、今日の教室で終わります。

来年度も各公民館で楽しい教室を企画させていただきます。

 

今回、新たに学びのサポーター登録をいただきました先生、ご協力いただきました先生方、本当にありがとうございました。学びのサポーターにご興味をお持ちの方、市役所生涯学習課(227-6116)が担当窓口となっています。ご連絡お待ちしております。

今年も市内の小学生の笑顔がいっぱいあふれる教室となりました。

 

未就学児のおはなし会が開催されました。

こんにちは。押野公民館です。

 

ののいち子ども読書関連事業『すきすきえほんとクッキングタイム』と題して図書館サポーターさんのご協力でおはなし会を行いました。

公民館では、あまりない企画かもしれませんが8組の親子でにぎわいました。

 

手遊びがはじまると魔法にかかったように聞き入る子どもたち。

絵本「だるまさん」ではひとりひとりお名前を呼んでもらっている姿にほほえましくなりました。

 

おはなし会の後は・・・おたのしみの‼

親子でパンケーキにトッピングをして楽しみました。

 

 

おはなし会のおみやげには、サポーターさん手作りのコマをもらっていました。

今日紹介の絵本、図書館で出会えるといいですね!

第8回寿大学校講座「大人の社会科学習」を実施しました

こんにちは 中央公民館です

8月3日(金)、60歳以上の市民を対象とした生涯学習

「野々市寿大学校」講座を実施しました。

   今回のテーマは「大人の社会科学習・市役所のお仕事」

 

数ある部署の中から、「税務課」「環境安全課」「地域振興課」にご協力いただき

職員からそれぞれの取り組みについてお話しを伺いました。

 

まずは税務課。「租税教室」と言う事で、税理士 新家利津子氏から

所得税、消費税、相続税など身近な税についてお話しいただきました。

来年10月%に引き上げ予定の消費税のことや、社会保険診療における消費税のしくみなど

関心の高いことや知らなかったことやなどわかりやすく説明を受けました。

続いては環境安全課の大きな柱、「防災安全係」「環境衛生係」の2つの職務についての紹介です。

 「防災安全係」の仕事は〈防犯・交通〉〈防災・消防〉

「環境衛生係」の仕事は〈廃棄物〉〈環境保全〉〈公害対策〉

 私たちが快適な暮らしを送れるよう、見えるところ、見えないところで

日々様々な仕事をされているのだなぁ と改めて思いました。

 

中でも関心を持っていたのがゴミ処理について。

野々市市もいずれゴミ有料化になるのか?と、思っていましたが、お聞きしたところでは、

本市は有料化にしない方向で、ゴミの減量化に取り組む!! とのこと。

紙ゴミは一般ゴミに混ぜず、雑誌にはさんだり、紙袋にまとめ分別して出すことが

出来るなど、「なるほど~」と思える話を色々聞けました。

これからは紙ゴミは分別して、少しでも一般ゴミを減らすことを実行しよう!と思いました。

 

続いては地域振興課が、現在取り組んでいるイベントについて

4枚のチラシを用いて説明いただきました。

 

「シリーズ 北国街道を学ぶ」

「カレード&郷土資料館 絵本ライブ」

「ののいちスイーツスタンプラリー」

「野々市ふるさと交流会」

地域振興課のお仕事は、地域の資源や特色を最大限に活かし

野々市の新たな魅力を県内外に発信し、地域の活性化を図ること。

 

知恵とアイディアで、地域を盛り上げるプロジェクトを考え、実行し、

みんなにもっともっと野々市を好きになってもらおう! と言う

お仕事なのだとわかりました☆

 

お話の後は、実際に庁舎内を見学。まずは2階の議会へ。

歴代議院の写真が並ぶ廊下を通り上に上がると、3階の議場では

西本政之議員がお出迎えしてくださいました。

私たち一般市民は傍聴席以外入れないという議会席にて、この日は特別に説明を受けました。

市民の代表と市長とが実際に議論し、市の大切なことを決める議場は

ちょっと緊張感のある、とても神聖な場所でした。

 

受講生44名は、開放的な吹き抜けで見通しの良い庁舎内を

3階から2階、1階へ見学して歩きました。

思ったよりも沢山のお仕事があり、私たちの暮らしに直結した、けれどなかなか知りえなかった

市役所のお仕事を垣間見ることが出来ました。

お忙しい中ご協力くださいました市役所職員の皆様、ありがとうございました。

 

 

 

次回は8月24日(金) 講師/金沢工業大学 石川倫子氏による

                      文学講座 テーマ/「石川県における平家物語」です。

 

💗夏休み体験第2弾の報告💗

こんにちは!押野公民館です。

 

7月31日(火)開催された教室『グラスアートで飾るテープカッター台+おまけ付

講師は、網代 喜美江先生です。

 

たくさんの応募だったので午前、午後の部に分けて2回開催しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

★手順を教わります。

 

 

 

 

 

 

 

★よーく、お話しを聞いて作りましょうね!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

★フィルムやリード線を貼っていきます。

曲がった形に合わせて貼るのが、少しむずかしかったようですが、先生に聞いたりお友だちの作品をみながら楽しく製作しました。

 

★作品が出来上がりました。★

 

💗夏休み体験教室開催中💗

こんにちは。押野公民館です。

夏休みは市内小学生を対象に各公民館で様々な教室を開催中です。

学びのサポーターとつくる夏休み体験は地域の先生に夏休みだから教わろうというもので、

さっそく、7月24日(火)『楽しいお弁当とデザートを作っちゃおう!!』が開催されました。

毎回たくさんの応募をいただき、抽選で参加してもらっています。たくさんの応募ありがとうございます。

今回のお弁当は、おいなり弁当です。

教えてくださる先生は、宮下幸子先生と中野美恵子先生です。

 

 

 

 

 

子どもたちのお弁当つくりミッションは、

・酢飯でおにぎりを作り、おいなりの皮で包むこと

・出来上がったおいなりと、おかずを容器に自分でつめること

おかず(たこさんウインナー、ナゲット、ミニトマト、ちくわきゅうり、チーズつめ)

・デザートを作ること(ミニパフェを完成させる)

それぞれがお弁当として使う容器に絵を描く使命が加わりました。

さあて、作業中の様子はコチラから ☟

 

 

よーし

つつめたゾ!                         🍙大・中・小🍙

 

 

 

 

 

 

 

 

手にご飯がくっついちゃうー

 

 

 

 

 

 

 

未来のパテシェか・・・

 

 

 

完成!もぐもぐタイムだっ、

完成作品!!

 

金沢三文豪の文学にふれてきました。

こんにちは。押野公民館です。

連日の暑さ、どうぞご無理をされませんように。

 

さて、押野公民館では7月18日(水)かねてより出向いてみたかったこの企画が、今回の研修

 

室生犀星、泉鏡花、徳田秋声の文学に浸ろう

 

テーマに各記念館を見学しました。

もちろん、石川県では馴染み深い文豪たちですが、「足を運ぶ機会がなかなかなかったわ」とおっしゃられる参加者のみなさん。

なんと、今ではこの文学ツアーも組まれるほどブームだとか・・・

暑い1日となりましたが、文学愛好者のように旅情気分を味わいながらしっとりと出かけてきました。

24名での研修となりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

生誕地にある『室生犀星記念館』                            犀星が育った雨宝院

 

 

 VTRを観ながらボランティアガイドさんの説明受けるみなさん

              犀星の生涯を伺いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前回の企画展では北信越編               文豪犀星に浸りながら筆写中・・・

◎今回の企画展は信濃編

旅での癒しが作品に活かされているのが理解できます。

 

 

『泉鏡花記念館』

 

 

 

 

『徳田秋声記念館』

浅野川に架かる「梅の橋」にほど近い建物です。

風情があります。

 

みなさんからは親しみが持てる企画だったとのご意見を頂戴し、

・今までの研修にはない醍醐味を感じ、「来たかい」があった

・手軽で内容ある見学だった

との貴重な感想をいただきました。

 

近くでこんなステキな内容ある研修に出かけることが出来た1日でした。

第7回寿大学校講座「心の在り方~今を生きるということ~」

 こんにちは 中央公民館です

7月27日(金)、60歳以上の市民を対象とした生涯学習

「野々市寿大学校」講座を実施しました。

今回のテーマは「心」

講師に、西田幾多郎記念哲学館館長であり、また石川県立看護大学

特任教授でもあられる 浅見 洋氏をお招きし、

「心の在り方~今を生きるということ~」と題し、お話を伺いました。

 

まずは高齢化にともなっておこる「からだと心の変調」や

漫談家 綾小路きみまろさんの(耕論)から引用の、

「不安を忘れたいお年寄り」のお話で現状把握。

 

先生は哲学館館長のお立場から、日本を代表する哲学者

「西田幾多郎」と「鈴木大拙」の生涯を通して

「心の在り方」を説き、また看護大学教授のお立場からは、

ご自身が研究されているエンドオブライフケアの観点より

「今を生きるということ」を考え、

とても深みのあるお話をしてくださいました。

 

 

 

 

 

 

とは言え、「無心」になるって・・・。   

哲学的なお話はやっぱり少し難しい・・・。

そう思える場面もあったように思いますが、改めて心に響く

メッセージが沢山ちりばめられていた講義でした。

ココロに残った言葉

 ・「小さい花にも目をとめる心」 それが生きている豊かさ 

・明日死ぬかのように生きよ 永遠に生きるかのように学べ

この日はとても心落ち着く授業でした。

浅見先生、貴重なお話をありがとうございました。

受講生の皆さん、お疲れさまでした。

 

次回は8月3日(金)

大人の社会科学習「市役所のお仕事」がテーマです。