北国街道散策とカミーノ視察会のお知らせ

春らしい穏やかな日になってきましたね!

こんにちは。押野公民館です。

新年度が始まり、新元号「令和元年」が5月から始まります。

ますます期待膨らみますね。

さて、押野公民館では、今月から開館した中央公民館(野々市公民館)カミーノ、本町地区を視察いたします。当日は、里まち倶楽部のみなさんとの散策、カミーノ館内外を市役所職員が説明します。

身近な施設を知る良い機会です。ご家族、ご近所さんで参加しませんか?

 

 

気の早いお知らせですが、10連休明けの募集になりますのでご案内させていただきます。

お電話でのお申し込みはお受けできませんでご了承ください。

(申込書は公民館窓口にあります。)

 

☆彡 お礼 ☆彡

3月31日にカミーノオープニングイベントで行いましたワークショップは、たくさんのお客様にお越しいただきした。ありがとうございました。予想を上回るお客様にこちらも驚いてしまい、お受けできなかったお客様、ご指摘いただきましたお客様、本当に申し訳ありませんでした。課題として検討していきたいと思います。

当日の様子はコチラから ☟

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告

オープニングイベントでワークショップを開催します。

こんにちは。

 

野々市公民館、押野公民館です。

いよいよ装い新たに、中央公民館(野々市公民館)がオープンします。

愛称『カミーノ』として

みなさんの親しみの場となることと

思います。

 

さて、そのお祝いに華を添えるべくワークショップを、下記のように行います。

 

ご来場になった際にはぜひ、お寄りくださいね!

 

 

※2教室とも数に限りがあります。ご了承ください。

待ってまぁ~す!

 

 

ボウリング大会で今年度は、

春、お祝い事が多くなる季節を迎えましたね。

 

こんにちは。押野公民館です。

2月17日(日)御経塚グランドボウルでボウリング大会を開催しました。

7町内会16チーム48名の子ども、一般の個人戦団体戦を行いました。

 

始球式!

金色のボウリングピンのキャップを被ったのは亥野館長。

館長がなんと ストライク!!

みなさんにプレゼントのお菓子が配られましたよ。

館長のすばらしい投球で、大会はますます盛り上がりました。

子どもも大人も和気あいあい。室内ゲームを楽しみました。

 

《 成  績 》   おめでとうございました。

一般の部

団体:優勝  押越チーム   準優勝  押野Aチーム   第3位  押野Bチーム

子どもの部

団体:優勝  野代Bチーム  準優勝  野代Aチーム   第3位  御経塚Aチーム

 

 

一般の部

個人:優勝  今村 正男   準優勝   山去 健一    第3位  若松 友子

4位  若松 繁喜  5位 若松 恵  6位 柳橋 雅子  7位 浜 俊弘

子どもの部

個人:優勝  やまね ゆうり 準優勝  よしだ あおと   第3位   かわばた たつき

4位 さかもと りおん 5位 にしやま みずき 6位 あまの こうすけ 7位 よしだ なるき

 

ファミリーデーの日曜日にもかかわらず、たくさんご参加いただき本当にありがとうございました。

平成30年度押野公民館事業はこの「ボウリング大会」で最後になります。

無事に終えることが出来ましたのも、押野地区住民のみなさんのご協力の賜物と深く感謝申し上げます。

ありがとうございました。

今年度の反省を踏まえ、古き良きものは大切に継続し、新たな取り組みや試みにもチャレンジ精神を持ちながら、みなさんのご要望に耳を傾け、お応えできる公民館をと考えています。

次年度もよろしくお願いいたします。

「男子厨房」簡単美味しい家庭料理!開催しました♪

2月の後半は昨年と違い冬とは思えない陽気で「もう春?」と勘違いしそうでしたが

雪の無いままにもう3月、本当の春の訪れがすぐそこまで来ていますね

 

 

こんにちは、富奥公民館です。

2月23日土曜日に「男子厨房」と銘打った男性だけの料理教室を開催しました。

開始時間の30分前には参加者の殆どが受付を済まされ

皆さん楽しそうに慣れないエプロンを着けお手洗いの鏡で三角巾を装着確認し準備万端!

今日の献立は

「さんまのかば焼きの缶詰の炊き込みご飯」

「ヤーコンとにんじんのきんぴら」

「具だくさんの豚汁」以上 3品です。

 

材料と流れをざっと説明した後は炊飯に時間のかかる炊き込みご飯を皆さんで仕込みます。

後は4班に分かれて「野々市生活学校」ベテラン主婦3名の方と主事の指導?のもと

材料を切ることから始めます。

豚汁にはごぼう、にんじん、大根、白菜など8種類の野菜が入ります。

ごぼうはささがきに、にんじんはいちょう切りに、慣れない手つきで頑張ってます!

 

 

 

 

こちらの班は豚汁ときんぴらの同時進行です。

 

 

 

 

 

「どれどれヤーコンの味付けはどんな具合かな」

 

 

 

 

こちらは豚汁の味見中「お味はいかが?」

 聞かずとも分かるこの笑顔!!

美味しそうで良かったぁ~(*´▽`*)

 

↓料理の合間に洗い物!

そこ、大事です☆☆☆彡

きんぴらと豚汁の完成が予定より早く炊き込みご飯が炊き上がるまで20分。

暫しの談笑タイムにあちこちから「2回目はいつや?」の声!

「次も参加してくださる方?」と尋ねると全員から挙手と共に

「するよ~名札とっといてや」と嬉しいお答えが (*^_^*)

ようやくご飯も炊きあがりお待ちかねの試食タイム!!

頑張ってつくった手料理、ご家族にも食べていただきたいのではと思い持ち帰り用の容器をお渡ししたら、皆さんご自分の分をとって「かみさんに食べさせてやるわ」「かあちゃんに自慢せんといかん」ととっても嬉しそう

試食中も「うまいなぁ」「良いがに出来とるわ~」と自画自賛

炊き込みご飯も豚汁もおかわりされる方でほぼ完食!

最後はみんなで後片付け。

「家では洗い物はやっとるんやぞ」との声もちらほら。

この日の為に自分用のエプロンを購入した方もいらっしゃいました。

せっかくのエプロンなので又2回目を企画しないといけませんね(>_<)

 

後日公民館に来られた方から「かみさんに美味しいって言われたわ。次はさばのみそ煮やってほしいんや」と早くもリクエストいただきました。

 

今回の「男子厨房」が今年度の皆さまに参加していただく富奥公民館の事業としては最後になります。

少し気が早いですが1年間地域の皆さまにご参加、ご協力いただき

次年度も様々な「実になる身に付く」内容を企画して、少しでも多く地域の皆さまに参加していただきたいと思っています。

 

広報の「お知らせ版」をしっかりチェックしていただき興味のある事業にはドンドン参加してくださいね。

ご参加、お待ちしております。

 

 

 

 

 

第21回寿大学校講座「寿大学院への道」を行いました

こんにちは中央公民館です。

一年間学んできた寿大学校の講座も、実質この講座が最後になります。

毎年最後の講座では、寿大学校を修了した後の学習として、

「寿大学院」をおすすめしています(^^)!

 

この日は、各大学院コースの運営委員さんにお越しいただき、

それぞれが自分のコースを紹介します。

持ち時間の5分をフルに活かし、説明・PRします。

みなさん、熱心に聞いてくださいました。

来年度は、コースの内容に入れ替えがあり、新しく「歴史」と「文学」が開設されます。

校長である田多野館長が新しいコースを紹介しました。

市役所からは、コミュニティ・カレッジのPRもありました。

4月からは、「ちぎり絵」 「書」 「園芸」 「コーラス」

「健康体操ストレッチ・ピラテイス」「水墨画」

「歴史」 「加賀の国と日本文学」  以上8つのコースで学べます。

寿大学校での学習を基礎に、ぜひみなさん寿大学校でも生涯学習しましょう☆

 

さて、講座が終わった後は、有志で残ってくださった方々に、来年度の

受講生募集ポスターの写真撮りに協力していただきました☆

みなさん素敵な笑顔で協力してくださいました。一年間、ありがとうございました♪

あとは、3月5日(火)の、修了式を残すのみです。お疲れ様でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第20回寿大学校講座「気象について」学びました

こんにちは 中央公民館です

2月1日(金)、60歳以上の市民を対象とした生涯学習講座

「野々市寿大学校」講座を実施しました。

 

この頃の気象ってなんだか変?集中豪雨や猛暑、台風、また昨年の大雪など、

気象が極端になっているように皆さんも感じているのでは?  と思い、

「気象」をテーマに取り上げました。

講師には元金沢地方気象台 防災管理官の山下光信様(上林在住)をお招きしました。

 

演題/「天気予報の見方」~防災気象情報の利活用~ 

  1. もしものこと、ちょっとかんがえてみよう
  2. 相次ぐ気象災害
  3. 大雨災害から身を守るためには
  4. 天気予報の見方
  5. 防災気象情報の利活用
  6. 危険度分布の利用
  7. 地域を理解し、災害に備える
  8. 活断層による地震があるかも
  9. 平常心の心得

今や情報は自ら取りに行くもの!とおっしゃられ、天気予報が伝えている天気図の見方や予報用語、

降水量の具体的な量は、畳一枚に一升瓶一本分の水を浸したら!・・   などと、

と~ってもわかりやすく教えてくださいました。

 

また災害の事例を交え、コミュニティの大切さや危機管理の意識を持って行動することの

大切さ、「プロアクティブの原則」などを教えていただきました。

    プロアクティブの原則

  1. 疑わしき時は行動せよ
  2. 最悪の事態を想定して行動せよ
  3. 空振りは許されるが、見逃しは許されない

 

知識を持って、異常気象に備えたいものです。

山下様、貴重なお話をありがとうございました。

この冬は、大きな雪もなく春を迎えられそうですね。

 

 

 

 

新春麻雀大会が行われました。

こんにちは。押野公民館です。

寒いこの時期。室内で開催しているアツーイ話題をお届けします。

 

2月3日(日)『麻雀大会』の報告です。押野地区5町内会8チームが出場しました。

 

 

最近は室内ゲームとして見直されている麻雀。

当日は、老若男女多数の方々が出揃う大会で

日頃の決め技が光るゲームに戦いは白熱しました。

 

 

 

 

 

おめでとうございました。

 

《 成  績 》

 

団体:優 勝   丸木Aチーム

            準優勝   押越Aチーム

            第3位   押越Bチーム

 

個人:優 勝            中村 順治

           準優勝      福光 一也

           第3位            村井 喜平

              4位    塚本 幸司

              5位             森川 忠夫

               6位    宮鍋 清一

                   7位     岡部 外喜雄

 

ご参加いただきましてありがとうございました。

この運営に携わってくださいました各町内会の新役員さん、お疲れ様でした。

本年もよろしくお願いいたします。

いきいきゼミナール開催報告

2月12日(火)押野天寿会さんと共催で毎年行っている講座の報告です。

 

こんにちは。押野公民館です。

今回は市民協働課 消費生活センターから

「高齢消費者被害防止研修」

 

カレードサポーターズクラブのみなさんのおはなし会

・にじいろのさかな(大型絵本)

・金色夜叉(紙芝居)    

・からだをほぐす体操(DVD)

 

豪華二本立てです。

 

消費生活センターの職員からは事例をもとに「架空請求」「振り込め詐欺」「訪問購入」などのトラブルについて詳しくお話いただきました。

スゴロクなどを使用したゲーム方式で悪質商法について楽しく学びました。

 

『しあわせならてをつなごう』の替え歌で

         「おことわりの歌」

を復唱し、

しっかりことわる

 

この「ことわる」意思表示の確認をしました。

日常から注意いただきたい点ばかりでしたね!

 

 

後半はおはなし会。

参加者のみなさんは童心に返ったようにサポーターさんたちの話に聞き入っておいでました。

懐かしかったでしょうか!!

その後、体操で身体をほぐしました。

 

寒い中ご参加いただきましてありがとうございました。



 

 

手作り味噌教室の報告

寒の入りが過ぎ、寒さももう一息といったところでしょうか?!

こんにちは。押野公民館です。

 

2月2日(土)お試し体験講習会④味噌つくり体験を開催しました。

講師には『白山ネイチャーゲームの会』の中村 貞子氏、池田 千可子氏、大浦 和子氏でご指導いただきました。

手作りの良さを体験し学ぶことが出来ました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

豆のゆで方から お話を交えて教わります。

 

 

 

 

 

                       手順を実演中

 

◎豆をつぶす手回し機を使っての作業

これがなかなか大変‼ 二の腕の鍛えがいがありますよ。

 

◎麹と塩を混ぜ合わせる作業

 

IMG_1394

IMG_1393IMG_1392IMG_1396

◎容器にみそ玉を投げ入れます。(空気をぬくように)

仕込んだら、 保存は冷暗所で9月頃まで待ちます。

皆さんの愛情で美味しくなりますように。

発酵に入る自家製みそです。しばらくお待ちください。

楽しみ~💛

 

学びに活きる体験学習報告

こんにちは。押野公民館です。

2月5日(火)館野小学校5年生対象の「わら工作の会」が行われました。

会を重ねて32回目。伝承行事として受け継がれているもっとも永い行事の一つです。

わりとのどかでゆったりとした時間が流れる毎日ですが、この日ばかりはいつもに増してより活気がある時間になりました。

教えてくださるのは地域の指導者6名(館長を含む)と64名の児童でわらにふれ、昔の生活様式を学ぶ学習会です。

ホームメイド、手作りが見直されている今、昔はなお、わら自体が貴重とされたことでしょう。公民館でも毎年わらを準備するのもひと苦労している現状があります。

わずかな時間でものつくりは難しいですが、わら縄体験を通して温かな人のぬくもりが伝わる、地域の方との交流と学びとなればと思っています。

 

 

 

児童のみなさんからは、

「わらぐつの中の神様」「バケツで育てた稲」など自分たちの学習に引き当て、今日の会に臨んでいることが子どもたちから聞かれ感心するばかりでした。

わら縄をご指導いただいた地域の先生たちはそんな子どもたちの姿に目を細めておられ、有意義な会であったことを嬉しく思いました。

この会を開催するにあたって、ご協力いただきましたみなさま本当にありがとうございました。大切に培っていきたいとさらに感じました。

 

★この様子は広報ののいち3月号掲載予定です。★

楽しみですね!