健康体操“スローエアロビック”

こんにちは!野々市公民館です。

10月30日火曜日カレードの音楽スタジオで、牧口先生をお迎えして

今年2回目の♪音楽に合わせて行う楽しい健康体操を行いました。              

お茶の間で、簡単にできます。

初めは、指の体操です。右手は親指から、左手は小指から曲げて伸ばします。

ちょっとむつかしいカナ。

 

 

東京音頭の曲に合わせて体をうごかしました。 

姿勢をよくして胸を開いて、呼吸をしやすくし、血流を良くします。

血流が良くなると、活動的な気分になり、いろんなやる気が湧いてくる、

そういう気分を持てるようになるのがこの体操の大きな目的!

 

次は、懐かしいカーペンターズの曲に合わせて体操しました。毎日少しづつ運動をして筋肉をつけると

筋肉から良いホルモンが出てくるそうですよ。(認知症の予防とか・・・・)

広告

☆彡今年も始まりましたよ!☆彡

マナビィフェスタ2018

♦10月27日(土)~11月4日(日)只今 開催中♦

 

本日の子どもフェステバルを皮切りに各会場で華々しく始まりました。

 

 

こんにちは。押野公民館です。

今回、野々市公民館といっしょにワークショップを行います。

フォルテ会場にて11月3、4日(土・日)お待ちしております。

 

 

 

ほかにも楽しいワークショップが満載です。

よってみんけー

 

 

深まりゆく秋。 学び多き1日になりました。

こんにちは。押野公民館です。

毎回好評の押野歴史探訪会。10月11日(木)に開催しました。会を重ねて5回目となりました。

押野地区の歴史を紐解くとき、忘れてはならない富樫氏、押野後藤家。今までは、県内の足跡をたどってきましたが、今回は福井県に出向き、北陸道について学びました。

 

            愛車のチャリで予習するほどの勉強家の館長

 

 

 

 

 

 

 

 

地元愛💗あふれる解説で語る中籔さん.

 

吉崎御坊、吉崎別院

 

IMG_1136

小雨が降りしきる階段を昇りました。

ボランティアガイドさんに説明をいただきながらの散策

 

IMG_1138

お腰掛けの岩                                     蓮如上人像

 

 

御山から望む鹿島の森

 

 

金津城跡、妙隆寺

 

 

 

 

 

 

 

日蓮宗の寺院。

一揆に攻められて死亡した溝江氏一族と加賀富樫康俊夫婦一族の霊をまつる菩提寺。自害した富樫一族らの墓所は、元金津城にあった。

 

本堂の様子

 

◎小松 苔の里

 

 

 

 

 

 

 

 

トトロの世界に誘われたような空間 マイナスイオンで心が洗われるようです。

 

秋篠宮眞子内親王殿下がご公務で県内にお成りになり、そのことを思い出されて詠んだ句。

広がりし 苔の緑のやはらかく 人々のこめし 思ひつ伝はる

(平成28年 歌会始御歌にて)

 

 

◎押野上宮寺(所在地は小松市)

 

雨降りの1日でしたが、盛りだくさんの学び多き1日となりました。

深まりゆく秋を感じたこの日、26名で心も身体も清められた研修でした。

みなさん、ご参加ありがとうございました。

 

〈おまけ〉

上宮寺は初め石川郡押野村(現 金沢市押野・野々市市押野周辺)辺りのあり

天台宗太子堂と称していた。後に蓮如上人に帰依し浄土真宗に改宗し上人より

この寺号を賜ったとのこと。この梵鐘は1689年(元禄2年)の製作。

撞座のは蓮華が描かれており、その上部には「南無阿弥陀仏」と陽鋳されている。

小松市指定文化財 小松市ホームページ「小松市の文化財」より引用

 

IMG_1159

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

作:宮崎儀一(みやざきぎいち)鋳物師

ビブスを購入しました。

こんにちは。押野公民館です。

木々の葉が色とりどりの景色を演出していますね。公民館からは秋らしい澄んだ空がみえます。

10月第1日曜日は、押野地区運動会を開催予定でしたが、台風25号接近で今年度は中止となりました。

来年はぜひ、青空の下で開催したいものです。

今回、第39回地区運動会に併せて押野地区連合町内会のご支援によりビブスをご用意することが出来ました。

誠にありがとうございました。

本来なら地区運動会でご披露を予定しておりましたが、ブログのご案内になりました。

7色の鮮やかなビブス。今後の公民館行事で活用させていただきます。

 

 

本当にありがとうございました。

新中央公民館建設現場付近を通りががってみました

来年4月に本町2丁目にオープンする、新中央公民館を含んだ地域中心交流拠点施設の建設が

着々と進んでいるようです。

公募していた愛称も、「にぎわいの里ののいちカミーノ」に先日決定されました。

「カミーノ」Caminoとは、スペイン語で「道」とのこと。

素敵な意味を持つ名前に決まり、ますます期待が膨らみます☆

 

 

 

第10回・11回 寿大学校講座 選択 「歴史講座」を実施しました。

こんにちは、中央公民館です。

9月7日(金)と9月21日(金)、60歳以上の市民を対象とした生涯学習「野々市寿大学校」講座を実施しました。

 

今回は選択講座になっており歴史講座か陶芸教室のどちらか好きなほうを選んで受講できます。

歴史講座では講師として藤島秀隆先生をお招きしました。

演題は『「昔日北華録」を中心として富樫氏伝承の謎を探る』です。1日目は野々市と縁の深い富樫氏についてのお話です。野々市市民としてはぜひ知っておきたいところです。皆さん興味深そうにお話を聞いていました。

2日目は前田家を中心にした内容です。加賀百万石を誇った前田家について勉強しました。

2日間に渡り講座を行いましたが、自分達の住んでいる土地にまつわる歴史のお話は大変面白かったです。

 

 

次回は10月12日(金)市民協働課にご協力いただき、「高齢者の人権」をテーマに実施します。

 

♦ 芸術の秋に向けての作品つくり♦

こんにちは。押野公民館です。

 

お試し体験講習会②「松笠人形つくり」を9月に2週にわたって開催しました。

押越在住の巻田隆子さんに教えていただきました。

教えていただくことになったきっかけは、

殺風景な公民館窓口に「飾ってね!」のひと言からです。

ですので、すぐスカウトしてしまいました。

今回快くお引き受けいただきました。

ありがとうございました。

 

つまみ細工の要領で、つまみ花を作ります。

これが大変‼ 思うようにいかず、しかも相当の数を作ります。

「先生、おしえてー」

 

 

参加者のみなさんとのお話も弾み、楽しい教室でした。

「次回もぜひ企画してね」のお声もいただきましたので、検討させていただきます。

この作品は、11月11日(日)押野公民館で開催されます

ふれあいもちつき会

                                   で展示予定です。

もちつき会にお寄りいただき、みなさんの作品の成果をぜひご覧ください。

お待ちしております。

 

 

 

 

救急救命講習会の報告

こんにちは。押野公民館です。

9月2日(日)野々市消防署で救命講習会を受講しました。

押野公民館では、9月9日の「救命の日」に合わせて毎年開催しています。

1年に1度ですが、

もしもに備えての救急救命の知識と再確認

 

◎「救命の連鎖」

 私たちができる応急手当 心肺蘇生AED について

IMG_1072

 

 

 

 

実戦さながらに受講されるみなさん

 

 

 

 

 

 

 

今年の夏は、熱中症などたくさんの出動が野々市市ではあったそうです。

特にAEDを使用した事例は「救命のリレー」がうまく引き継がれ、尊い命を取り留め社会復帰されたそうです。

日頃からの備えこそがいざというとき役立つと、再認識した講習会でした。

 

 

 

韓国料理教室を行いました。

空はすっかり秋の空。9月になりましたね。               

夏休みが終わり、いつもの生活が戻ってきましたね。

こんにちは。押野公民館です。

 

 

 

9月1日(土)「ビビンバ作り教室」を行いました。

講師は、昨年度白菜キムチをご指導いただいた 黄 恵淑(ファン ケイスク)氏です。

韓国に行ったかのように、軽妙な話術で楽しい教室となりました。

 

=・= 本日のメニュー =・=

☆ 具だくさん(7種)ビビンバ

              ☆ きゅうりとわかめの冷汁

              ☆ 手作りジンジャーエール

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

主婦のみなさんに混ざってイケメンの参加!!

いいですね。

 

 

 

 今日は、手軽にできるホットプレートで行いました。

☆彩り豊富 見た目も楽しい☆

 

《ごま油のが香りが部屋中に…食欲をそそります。》

 

《美味しい笑顔の瞬間》

 

    盛り付けも美味しさのひとつですよ!

先生からのアドバイスも

 

食材の良さ、手がける技、家族で囲む笑顔、話が弾む

美味しさの魔法にかかったようにステキな時間でした。

 

第9回寿大学校講座「石川県における平家物語」をテーマに文学講座を実施しました。

こんにちは 中央公民館です

8月24日(金)、60歳以上の市民を対象とした生涯学習

「野々市寿大学校」講座を実施しました。

 

講師として、金沢工業大学 基礎教育部において国文学をご専門に

指導されている 石川倫子先生をお招きいたしました。

 

今回先生のご研究の中から「石川県における平家物語」と題し、

歴史文学をご講義いただきました。

何しろ何十年ぶりかに触れる古典文学。

(たぶん多くの方がそう?)

ちゃんと頭に入るのか?興味を持って聞けるのか?

学生時代はただ意味も分からず、なんとなく冒頭部分

「祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり・・・」を

暗記していた平家物語・・・

 

しかし、そんな心配をよそに、石川先生の素敵な朗読や大変わかり易い

説明にうっとり(^^)

とても新鮮な受講生の気分

平家一門の栄枯盛衰が古文で書かれている本文を、系図・時代背景、

作品の魅力とも言うべき登場人物のエピソードなどと織り交ぜながら、

理解しやすく読み解いてくださいました。

また、小松市の多太神社に奉納さてている「実盛の兜」の話など、石川県内で「平家物語」に

ゆかりのある土地のことも絡めながら解説くださったので、

お話がとても身近に感じられました。

 これをきっかけに、もっと深く知ってみたい、読んでみたい、出かけてみたいと

思った方がきっといらしたかと思います。

 少し暑さが落ち着いたら、「読書の秋」「行楽の秋」堪能したいですね。

 

 おかげさまでとても有意義な文学講座となりました。

石川先生、ありがとうございました。

受講生の皆さん、お疲れさまでした。

 

 

次回は9月7日(金)

「歴史」または「陶芸」の2コースに分かれての選択講座です。