第7回寿大学校講座「心の在り方~今を生きるということ~」

 こんにちは 中央公民館です

7月27日(金)、60歳以上の市民を対象とした生涯学習

「野々市寿大学校」講座を実施しました。

今回のテーマは「心」

講師に、西田幾多郎記念哲学館館長であり、また石川県立看護大学

特任教授でもあられる 浅見 洋氏をお招きし、

「心の在り方~今を生きるということ~」と題し、お話を伺いました。

 

まずは高齢化にともなっておこる「からだと心の変調」や

漫談家 綾小路きみまろさんの(耕論)から引用の、

「不安を忘れたいお年寄り」のお話で現状把握。

 

先生は哲学館館長のお立場から、日本を代表する哲学者

「西田幾多郎」と「鈴木大拙」の生涯を通して

「心の在り方」を説き、また看護大学教授のお立場からは、

ご自身が研究されているエンドオブライフケアの観点より

「今を生きるということ」を考え、

とても深みのあるお話をしてくださいました。

 

 

 

 

 

 

とは言え、「無心」になるって・・・。   

哲学的なお話はやっぱり少し難しい・・・。

そう思える場面もあったように思いますが、改めて心に響く

メッセージが沢山ちりばめられていた講義でした。

ココロに残った言葉

 ・「小さい花にも目をとめる心」 それが生きている豊かさ 

・明日死ぬかのように生きよ 永遠に生きるかのように学べ

この日はとても心落ち着く授業でした。

浅見先生、貴重なお話をありがとうございました。

受講生の皆さん、お疲れさまでした。

 

次回は8月3日(金)

大人の社会科学習「市役所のお仕事」がテーマです。

 

 

 

広告

押野公民館作品展示を行います。

 

こんにちは。押野公民館です。

暑い毎日ですが、公民館では1階の教室空きスペースを利用してサークル作品展示を行います。

定期的に活動されているサークル会員さんの手掛けられて作品を上記期間常設展示いたします。

どうぞこの機会にご来館ください。

 

 (これは作品の一部です)

 

秋に向けて、何か始めようとお考えの方各サークルでは随時見学、体験など行っております。

窓口の職員にひと言おっしゃってくださいましたら、助かります。

お待ちしております。

休館日:毎週月曜日(6,17,20,27日)、15日(お盆のため臨時休館)

祝休館日:11日

 

七夕まつり

こんにちは!野々市公民館です。

7月7日(土)学びの杜ののいちカレードと

野々市公民館の合同の企画で

「世界の星のものがたり」(七夕)のイベントを

行いました。

カレード劇/図書館上映会

                 「夏の庭」-the  Friends-  113分

 

今井雅子さんのお話会「七夕を100倍楽しむ話

   七夕の由来は、皆さんもご存知の織姫・彦星の星物語から始まります。

  新暦の77日はまだ梅雨のさなかで星空もよく見えないかもしれませんが、

 旧暦の七夕は現在の8月なので夜空もきれい。月遅れで東の空を見上げて

 みてはいかがでしょう。

  天の川に輝く琴座のベガが織姫(織女星)で、鷲座のアルタイルが

 彦星(牽牛星)。 この2つの星と白鳥座のデネブを結んだものが

 「夏の大三角形」と呼ばれ、夏の星座を探す目印になっています。

   白鳥座は、二人の橋渡し役となるカササギです。

   さて二人の星物語は・・・

 

   お話会の後、折り紙で七夕の飾りを作りました

     国旗の柄の鶴や織姫・彦星・輪つなぎを作りました。

   オカリナサークル”森のしらべ”の皆さんの演奏会

                3世代コンサート

懐かしのフォークソング(つばさを下さい)からアニメソング(おどるポンポコリン)

まで17曲をオカリナの優しい音色で演奏して頂きました。とっても癒されました。

 

4次元宇宙を旅しよう!

金沢工業大学「カルチャー&サイエンスコミュニケーションプロジェクト」

不思議なメガネを使って4次元宇宙を旅しました。

土星の輪は氷と岩石の粒が集まって形成されているそうです。

2018・7・31火星が大接近  南の空の赤い星に注目❣してみましょう。

皆さんご参加、ご協力ありがとうございました。

 

第6回寿大学校講座「野々市市美術展鑑賞」を実施しました

こんにちは 中央公民館です

7月13日(金)、60歳以上の市民を対象とした生涯学習

「野々市寿大学校」講座を実施しました。

今回は学びの杜ののいちカレードにて7月6日~15日まで開催していた

「野々市市美術展」の鑑賞です。

 

5名の野々市市美術文化協会員の皆様にご協力いただき、

贅沢にも5つの部門ごとにそれぞれ作品解説をしていただきました。

 

                             「日本画」解説/森左馬尉 氏

                             「洋画」解説/荒木 幸子 氏

会場内は、一般市民の作品と協会員の、見ごたえのある作品が多数展示されておりました。

 

受講生は3つのグループに分かれ、5つの部門をローテーションを組み鑑賞。

受賞作品のポイントや美術作品を鑑賞するときの視点、

また何故この作品があと一歩!惜しいのか。。などなどまで!を、

とてもわかり易く解説いただきました。

                              「書」解説/又多好子 氏

                              「写真」解説/中島治人 氏

                           「彫刻・工芸」解説/田嶋秀之 氏

 

個人で見るだけではなかなか深くは探れない美術作品の味わい方などを

知ることが出来、とても面白味のある講座となりました。

そして何より「市民作品展」の良さでしょうか、知人友人、同じ市民の方の作品を

拝見でき、とても有意義でありました。

解説をしてくださいました美術文化協会の皆様、あらためまして感謝申し上げます。

 

 

楽しい絵本でおはなし会を行います。

こんにちは。

押野公民館です。

押野公民館では、『ののいち子ども読書の日』に併せて、図書館ボランティアさんによるおはなし会を下記のように開催します。

遠出もいいけれど、近くのイベントに出かけませんか?お申し込みは公民館まで。

当日は、絵本、手遊びの他ホットケーキでのクッキングをみなさんで楽しんじゃいます。

♥ ♥ ♥ ♥ ♥ ♥ ♥ ♥ ♥ ♥ ♥ ♥ ♥ ♥ ♥

 

                 ♥

 

申込み受付:平日 火曜日から日曜日

      午前9時から午後5時まで

      月曜日・祝日は休館

 

お待ちしています。

 

「無料イラスト ...」の画像検索結果

 

 

 

畑見学と収穫体験会を開催しました。

こんにちは。押野公民館です。

梅雨とはいえいきなりの豪雨だったり、夏を思わせるような暑い日だったり、不安定な天候が続いていますね。

公民館さて、事業はこれからが旬。旬といえば夏野菜。収穫された野菜たち。店頭でも様々な野菜が出回ってますね、

6月30日(土)中林にある「福来園」さんでの実地講座。

以前からのご要望が多く、家庭菜園で役立つノウハウを伺うべく今回の企画となりました。

 

講師は、ここ「福来園」さんの福田康弘氏です。

福田さんは無農薬にこだわり「てでとーる手法」で丹精込めて育てておられ、生産者がわかる出荷を心がけておられます。

野々市市寿大学院では講師をされておいでます。

 

さっそく、外回りへ(ハウスや畑)

土作り(堆肥)と育てる環境の重要性を                       

強調されていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

堆肥の中は60℃に発酵中

良い土壌には、生き物がいっぱい!

 

 

・日頃の世話

・受粉のこと(雌花、雄花)など

 

◎家庭菜園にも生かそうと熱心に受講するみなさん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

🌳じゃがいも、トウモロコシ、枝豆の収穫体験

 

本日のランチメニュー

○かまどで炊く玉ねぎご飯

○サラダ(セロリ、ダイコン、キュウリ、トマト)

○肉じゃが

○枝豆

 

男性陣は、かまど係

 

 

 

 

 

アツアツの炊き立て!

 

 

 

★・とれたて新鮮野菜でモリモリパクパク

 

カラダを使って体験した今日の講座、何物にも代えがた収穫となりました。

三世代での参加には、先生も大変驚いておいでました。

本日の講座がみなさんの菜園実践に役立つと幸いです。

生産率をあげるには身近な所から。地産地消が一番だとおっしゃられていました。              

おいしい野菜を安心安全に食べられて、しかも生産者の顔がわかるとなおのことですよね。