カレード見学と現代美術展鑑賞会に出かけました。

今日から6月。梅雨入りもそろそろのようですね。

こんにちは。押野公民館です。

5月24日(木)野々市学びの杜カレードと第74回現代美術展白山展(うるわし工房白山)20名で出かけました。

新図書館、生涯学習としての役割を担った施設。貸出しカードを変更したかったとおっしゃる方、すでに,ご利用になったおいでる方、初めての入館の方など様々でしたが、職員の川畑さんには丁寧にご説明いただきながら館内を見学しました。

米林監督が野々市をイメージしたスクリーンは走馬灯のように流れる空間で、小さい子どもさんから一般の方までくつろげる、開放的でとても素晴らしい施設でした。市民のみなさんには普段から活用いただきたい場所ですね。

貸出しについても教わりました。

大きな画面で各社新聞が閲覧できることも知りました。

 

 

午後は、美術鑑賞。

巡回展ですが、見応えのある有意義な時間となりました。

うるわし工房の館長さん(川崎さん)に作品の見どころを各所教えていただきました。

野々市市になるまでは、野々市の作品もこちらで展示されていたとのことでした。

 

晴れた日には、美しい姿を魅せる白山とのことですが、

来館当日は、雲隠れし残念ながら白山を望むことができませんでした。

 

 

帰りには 新しい道の駅「めぐみ白山」に立ち寄りました。

 

さわやか5月の1日をゆるりとした気分でまた、みなさんの笑顔いっぱいの研修となりました。

ご参加いただきましてありがとうございました。

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中