館野小学校5年生が地域の先生とわら縄体験学習

降り続く雪をみて2月にはなったけれど、この雪、寒さはいつまで続くのだろうと思ってしまう昨今です。

こんにちは。押野公民館です。

寒い中、2月3日(金)のホットな話題を報告します。

館野小学校5年生と地域の方との交流体験学習「わら工作の会」が開催されました。

毎年この時期に開催して今年で31年目。

永く継承されている行事です。絶やさず続けていきたいと考えています。

今回は、5年生54名と6名の地域の先生。輪になってわら縄作りをします。

 

「わからーん」「できーん」「むっずい」など

子どもたちからは、様々な声が聞こえましたが、終わるころには、夢中になって編んでいる子、しっぽのように長く出来上がった子、お互い出来上がった作品を見せ合い褒めあっていました。昔の生活必需品ですからなおさら頑丈に、大事に、扱っていたこともわかったようです。

学校で育てたバケツの稲からとれたわらも持参していましたよ。学びに役立っていることを嬉しく思いました。また、交流したみなさんからもとても勉強になって楽しかったとの話もいただきました。

寒い中みなさん、ありがとうございました。yjimageB8NS9JGC

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中