学びのサポーターとつくる夏休み体験の報告

押野公民館では、8月20日(木)「アイシングクッキーでのっティを作ろう!」が行われました。

講師の先生は、中條純子先生。

「アイシングクッキーってなに?」先生に伺ったところ

焼いたクッキーに卵の白身とおさとうを混ぜた作ったののものことでその液を使って、クッキーに流し込んだり、色を付けてお絵かきしたりするそうです。最近は、お店屋さんでもよく見られます。

先生のお手本を見ながら作りました。オリジナルのっティに挑戦!

あまりのビックサイズで、参加のお友だちはおおはしゃぎ。

見事な出来上がりでしたよ。(25名参加)

CIMG7093 CIMG7091 CIMG7094

学びのサポーターとつくる夏休み体験3講座開催しました!

こんにちは。郷公民館です。

野々市市の小学生を対象とした夏休み体験講座を実施しました。

夏休みの楽しい思い出になったかな!

7月28日(火)「読み聞かせとしおりづくり」講師:図書館ボランティアのみなさんCIMG3126

CIMG3136

CIMG3148

 

7月29日(水)「ステンドグラス風飾りづくり」講師:荒木 幸子さん

CIMG3161

 

 

 

 

 

CIMG3180CIMG3191CIMG3208

8月7日(金)「パクパクおやつクッキング」

*   麩レンチトースト・とうふDE白玉ポンチ*

講師:白田 里美さん・壽時 尚子さん・網 秀子さん

CIMG3232

 

 

 

 

 

CIMG3259

CIMG3284

CIMG3302

学びのサポーターとつくる夏休み体験を開催しました。

富奥公民館です。
7月28日(火)に野々市消防署の方々に指導していただき、
野々市市内の小学生28名が消火体験などについて勉強しました。
消防自動車の説明や119番通報の方法、また水消火器による
消火体験もしました。
水消火器の体験は、初めてだという小学生もいて、真剣に取り組んでいました.

 

まなびのサポーターと作る夏休み体験「砂防科学館と白山ろく民俗村へ!白山ろく白峰を探検しよう!」 

こんにちは!野々市公民館です。
7月29日水曜日は目的地に行く間に少し雲行きが怪しかったのですが
現地はとても良い天気!!
講師の亀田勇人先生と一緒に自然体験をしてきました
砂防科学館ではガイド山口さんからの説明に耳を傾けていました

3D映画では白山に流れる水の破壊力に驚きながら映像を見ていました。
百万貫の岩が流れてきた経緯を知り 実際に百万貫の岩を見に行ってきました。大きかったね~!


「白山ろく民俗村」の杉原家の中で休憩し、昔の子供が食べたおやつを初体験!現代は砂糖がふんだんに使われていますが
昔は砂糖が貴重品でおやつには入れなかったんですね。「ま・ず・い」「食べたことない」といいながら味わってました。
いろりのにおいは好評でその中で白峰の昔話を面白く聞きました。
杉原家は自然の風が通りクーラーなんていりませんでした。畳の上にごろりと寝転がる児童もいて気持ちよかったですよ。
また、「ミヤマカワラハンノキ」(オバル染め)で絹の布を染めてきました。オリジナルハンカチを持って帰りましたね。

白峰の町中散策で歴史を学び人々が自然と共存して生活した様子を学んできました。

まなびのサポーター夏休み体験 「ナンとキーマカレー作り」を体験!

こんにちは、野々市公民館です。
7月25日土曜日に野々市公民館では『まなびのサポーター』の4名の先生
(坂井和代先生・小竹万理子先生・舟木弘子先生・篤田年子先生)の指導で
ナンとキーマカレー作りを体験しました 


ナンの生地はローカに出して天窓から降り注ぐ太陽と室温でジョジョに変化!
膨らむ様子を見たくて何度もローカに出て見ていました。

玉ねぎをみじん切りにしていくうちに涙が止まらず・・・
切ったり炒めたりしていきました。

膨らんだナンの生地をのばして焼くころにはお腹もすいてきて

出来上がったキーマカレーをナンにつけてみんなでいただきました。 「ナンは伸ばすことが難しい」「具材を炒めることが難しかった」
「家で作ってみたい」「ナンが発酵する様子を見るのが楽しかった」
などと感想がでました。

いろいろな校下のお友達と一緒に協力し合って
みなさんおいしい体験ができました。
お片付けも協力し合ってできましたよ!